ウェリントン型の特徴とボストン型との違い

メガネのデザインには定番がいくつかあり、ウェリントン型のメガネも定番の1つです。スクエアタイプ(四角い形)に含まれますが、フレームの下側は丸みがあり、台形を逆にしたような形が特徴です。人にはフェイスラインの特徴が様々あり、輪郭によって似合うメガネが違います。しかし、ウェリントン型のメガネはどんな人でも馴染みやすいです。

そして、ウェリントン型と似ているタイプで「ボストン型」がありますが、違いは以下のようになります。
・ウェリントン型の基本の形は「四角形」。面長・丸顔・四角顔の人が特に似合う。
・ボストン型の基本の形は「丸」。逆三角形や四角顔の人が特に似合う。
ウェリントン型のメガネは、逆三角形の顎が細い人にはあまり向いていませんが、小さめのサイズを選んでメガネの主張を抑えると似合いやすくなりますよ。

ウェリントン型のメガネはメリットがたくさん

ウェリントン型のメガネは年齢や性別を選びません。また、どのシーンでも使えて他のフレームよりも選びやすいです。そのため、メガネを買う際に「どのフレームがいいのか分からない」、「失敗したくない」、「どの場面でも安心して使いたい」という方は、まずウェリントン型から試してみるといいですね。

そして、ウェリントン型のメガネは「選びやすい」だけがメリットではありません。色や素材選びで、違う雰囲気を出すことができます。茶色や黒なら、日常使いで選びやすい色です。また、ファッションの一つとして使う場合は、赤・青・透明など、色の選択肢が豊富なので自由に楽しめます。フレームは、チタン・メタル・アルミ・プラスチックなど、素材も様々なので、その日のファッションによって使い分けできます。そして、素材の組み合わせによっても、また違った雰囲気が出せるので、よりメガネの選択肢が広がりますね!