ウェリントン型メガネの特徴

ウェリントン型のメガネは四角形をベースとした形が特徴です。ウェリントン型はクラシックタイプとも呼ばれており、昔ながらの伝統を感じさせるデザインでもあります。きっちりとしたイメージの四角い形に丸みのある曲線を加えることで少し柔らかな印象を持たせたウェリントン型は、ビジネスシーンではもちろん、ファッションアイテムとしても人気の高いメガネとなっています。 また、角に丸みを帯びた逆台形のウェリントン型は、フレームの種類やカラーで選ぶことでよりさまざまな輪郭に合わせて最適なものを選ぶとおしゃれな印象を与えることができます。最もウェリントン型が似合う丸顔の方は、四角い形のウェリントン型を選ぶことで顔の丸いラインをカバーすることができ、すっきりとシャープな印象を与えることができます。

ウェリントン型の持つデメリット

ウェリントン型のメガネは縦横の幅が広いことが特徴です。そのため、顔が小さい人が身につけることで、メガネだけが強調され不自然な印象を与えてしまいます。また、ウェリントン型のメガネはフレームが太い物が多く、鼻の幅が狭い方にとっては固定しにくい傾向にあります。ずれることで使用しにくいだけでなくそのため、見た目にも違和感を感じる場合もあります。鼻の幅が狭い方は、鼻パッドで調整できるものを選ぶことでずれを防ぐことができます。

また、ウェリントン型のメガネは、存在感が強いメガネでもあります。そのため、一重の人や目が小さい方にとっては目の印象がさらに薄くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

このようにウェリントン型は顔のタイプによっては、デメリットにもなるため選ぶ際には注意が必要です。

度数とは、視力の矯正に必要となるめがねのレンズの強さを数値で表現したものです。度数が合っていないと頭痛などが起きる可能性もあるため、慎重な調整が必要になります。